Produce

pro_img




クラウンクラウンの帽子は大きく分けてReady-made(既製品)とBespoke(注文品)の2種類があります。どちらも時間をかけて仕立てていますので品質的には同じです。量産品ではありませんので世界に1つだけのオリジナルです。こだわりのファッションにオリジナリティをプラスしたい時や何か物足りない時に活躍するアイテムです。あなたのためだけの帽子を是非お手にしてみてください。

MANUFACTURE

CrownClownの帽子は全てオリジナルデザインです。帽子ブームで多くの人が帽子を楽しむようになりましたが、昔ながらの帽子作りの技術は失われつつあります。帽子の木型を作る職人さんも日本では数人、世界中探しても数えるぐらいしかいないのが現状です。

帽子の材料についても同様です。かつては日本が技術を誇ったバクラムという木の皮を織った芯材も作り手が減り半年待ちが当たり前、値段も上がって普通の帽子ではなかなか使えません。シルクハット全盛期にもビーバーのフェルトが乱獲で無くなりシルクが代用されたのですが、このシルクも今や風前のともしび。挙げたらきりがない惨状なのです。

時代の移り変わりの中、手作りの帽子の技術を未来が必要としているかは分かりません。ダーウィンが進化論で「強いもの」「賢いもの」では無く、変化に対応した者が生き残ったと語ったことは有名ですが、まさに、Arts & Craftsが直面している問題なのだと思います。「美しいもの」「価値のあるもの」だけでは無く「時代に適応したものを・・・」私に何ができるのかは分かりませんが、作ることから考えてみたいと思っています。

DESIGN

pro_sub1_ph1CrownClownにかかわる全てを手がけています。商品やパッケージなど受け取る方が少し嬉しい気分にられるものが作れるよう心がけています。

MATERIAL

pro_sub1_ph2生地などの材料や道具はいろいろなお店を歩いてまわったり海外からも集めています。デニムなどは国産の生地が好きで使っていますが色や質感の好みでは外国の物が多いです。フェルトは兎の毛のフェルトなのでウールに比べて軽くて暖かです。きっと気分も温かにしてくれると思います。

PATTERN & CUTTING

pro_sub1_ph3布物のパターン・裁断は手作業です。三角定規や分度器を片手に「三角関数?」と頭を悩ませることも・・・パターンは立体を紙に写しだす作業なので、1つの形が完成するまでに何度も繰り返してやっと出来上がります。一見したらわからないラインにもこだわった帽子たちです。

SEWING

pro_sub1_ph4縫製は布物や皮革はミシン、細かい場所やデザインによっては全て手縫いの場合もあります。ミシンを使う場合も帽子には直線が無いので試行錯誤の連続です。

HAND BLOCKING

pro_sub1_ph5靴の木型はラスト、帽子の木型はブロックと言います。海外では樹脂製のものもあるようですが、CrownClownの木型は昔ながらの木製です。木型職人は世界的にも数えるくらいしかいないので作ってもらうにも時間が掛かります。最近では気に入った物が手に入らないので自分で作ることも増えてきました。あとはアンティークショップで探してみたり海外から取寄せたり欲しいものを手に入れるには努力と根気が必要です。

フェルトの帽子に型入れをするには蒸気をあてたフェルトを1つずつ木型に入れてピンや画鋲で留めていきます。画鋲は針が太いのでしっかり留まりますが木型に申し訳なく私は待ち針を主に使います。ピン打ちが終わると、まるでバースデーケーキのようになるのですが、もしケーキなら軽く100歳を超えることもしばしば。さまざまな工程経てはじめて帽子の形になるのです。凹み部分は砂袋を使います。これも昔からある技術ですが今は道具自体を入手することが困難なので昔の洋書などを手掛かりに無いものは自分で作っています。

ボーラー(山高帽)やカンカン帽などのハードシェルの帽子は糊で固めた帽子です。現在作られているものは石油系の糊を使って固められています。CrownClownでは出来る限り天然素材の糊を使っています。天然系の糊といってもとっても意外に奥が深い世界です。昔の物は今は手に入らないので自分で調べて原料から作ったり・・・。常によりよいものが作れるよう研究しています。

TRIMMING

pro_sub1_ph7トリミングとは帽子の飾りの事を言います。同じ形の帽子でもトリミングが違えば全く別のものになってしまう、帽子の要と言える所。グリットデザインとまでは言いませんが平面デザインもやっているのできっちりしたデザインが好みです。

HAT BOX

pro_sub1_ph8有料の帽子箱はシルクスクリーンのハンドプリントです。ロゴを一点ずつ手刷りで印刷しているのでとても味のある箱になっています。ご希望の方はこの箱に入れてお届けします。
※無料の箱もございます。

Comments are closed.