帽子のお手入れ

★帽子のお手入れ(布物、フェルト共通)
帽子の状態を維持するためにはこまめなお手入れが一番重要です。
水に弱いので雨などで濡らさないようにご注意ください。

使用後はブラシなどで埃を落とし、乾燥させてからしまってください。
帽子を使った後にはファブリーズなどで除菌、消臭をするのがオススメです。

★帽子を被って出かけた後は・・・
表面の埃をブラシなどで取り除く

サイズリボン(スベリ)をよく絞ったタオルで叩くように拭き汗をふき取る

十分に陰干しをして乾燥させる

★もし濡れてしまった場合は・・・
水気をタオルなどで吸いとる(ごしごし擦らず、やさしく押し当てて水気を吸い取ってください)

紙やタオルなどを詰め、形をし崩れないように保形する(無理に押込まないでください)

よく陰干しをしてから保管する
※ドライヤーなどの熱風で乾かすのは形が変形する原因となりますので厳禁です。


★帽子のクリーニング
クリーニングは、帽子を受け付けているクリーニング店に相談してみましょう。
(専門のクリーニング店では帽子の木型などを用意されています。)

帽子は飾りがついていたり、服というよりは制作工程が工作に近いので一部の商品を除いて殆ど洗うことが出来ません(手作りの帽子はクリーニング含めて基本的に洗えません)
天然素材は洗うことでかなり縮むこともあり、型崩れして被ることが出来なくなる場合があります。

・帽子専門のクリーニング店
http://www.geocities.jp/mtakebou/

・子供用の帽子のクリーニング
http://www.clean-hat.co.jp/
※掲載のクリーニング店はクラウンクラウンと関係はありません。


★布製の帽子のお手入れ
布製の帽子は手洗いできるものもありますが、品質表示のあるものは必ず確認してください。
当店の帽子は原則として型崩れや縮み、色落ちの原因となりますので丸洗いできません。
出来るだけ濡らさないようお気をつけください。

簡単な汚れはブラシで落とせます。
ブラシで落ちない場合はぬるま湯などにタオルをつけ堅く絞ったもので叩くように落としてください。
汚れがひどい場合はぬるま湯に中性洗剤を数滴落とすだけでも汚れの落ちが違います。
清掃後は風通しの良い日陰で完全に乾かしてからしまってください。


★フェルトの帽子のお手入れ
フェルトには毛足があるので埃が付きやすいです。
ウールフェルト・ファーフェルトの帽子はこまめなブラシッシングをお勧めします。
専用ブラシが無い場合はブタ毛など張りがあって柔らかいブラシを使って
フェルトの毛の流れに沿ってブラッシングします。
通常、毛の流れは左回りになっていますが、帽子によっては逆の場合もあります。

表面の汚れは軽いものなら消しゴムや食パンでこすって取れる場合もあります。
あまり擦りすぎると毛足が死んでしまいますので様子を見ながら消してください。
サイズリボン(スベリ)の汚れがひどいようなら、布に染ませたベンジンでも拭けますが、退色などの原因にもなりますので交換することもご検討ください。

濡れたまま帽子掛けに掛けておくのは変形の原因となります。
フェルトの帽子は濡れていると変形しやすいので、クラウンを覆うような円筒の厚紙で台を作り、よく乾かしたあと逆さまに乗せておくと型崩れしにくくなります。
逆さにすることで、ブリム(ツバ)が周囲のものに触れて変形してしまうのを防げます。

帽子を壁などに掛けておくのもできるだけ避けた方がいいようです。
かぶった後は湿気などをすっていますので1点に自重がかかるとそこから変形します。
常に掛けて収納している方も変形の原因となりますのでお気をつけください。


Comments are closed.